公益社団法人 日本水環境学会
第52回日本水環境学会年会参加案内

年会

■第52回日本水環境学会年会 参加案内

1.年会概要
期日
2018年3月15日(木)~17日(土)
Time Table
プログラム
会場
北海道大学工学部
〒060-8628 北海道札幌市北区北13条西8丁目
交通
JR札幌駅から徒歩約20分または札幌地下鉄南北線北12条駅から徒歩約10分
詳細はhttp://www.eng.hokudai.ac.jp/access/
内容
3月15日(木): 口頭発表, ポスター発表, ライオン賞の発表と審査, ランチョンセミナー「水環境分野で働く女性たち」, 見学会
3月16日(金): 口頭発表, ポスター発表, クリタ賞の発表と審査, 特別講演会, 学生向けランチョンセミナー「ビジネスガイダンス」, 表彰式(水環境文化賞・みじん子賞・クリタ賞・ライオン賞・国際活動賞(いであ活動賞)・国際招聘賞(JSWE- IDEA Water Environment International Exchange Award)), 見学会, 懇親会
3月17日(土): 口頭発表, 見学会, 団体会員説明会

一般ポスター発表のコアタイムは13:30~15:00か16日の10:45~12:15のいずれか指定の日時(1日のみ)、年会優秀発表賞(クリタ賞)の審査対象の発表は16日の10:45~12:15、年会学生ポスター発表賞(ライオン賞)の審査対象の発表は15日の13:30~15:00と16:45~17:45です。
3月15日(木)および16日(金)には「水質計測・水処理技術展2018」が併催されます。

2.参加申込
事前の参加申し込み(予約申し込み)にご協力をお願いいたします。
すでに発表を申し込まれた方も,改めて参加申し込みが必要です。
会員でない方も参加できます。
(1)予約申し込み方法
年会参加の予約申込はインターネットによる申し込みのみとなっております。
年会申込・内容確認 http://www.jswe.or.jp/event/entry/index.html
予約申し込みの期限は2018年2月20日(火)24:00JSTです。
なお2018年2月28日(水)までに年会参加費のご送金をお願いします。
会員価格での予約参加申込の場合は、予約参加申し込みの締切り以前に入会手続きが完了して年度会費の入金が確認され、入会承認と登録が終了して会員番号を取得している必要があります。
入会案内 http://www.jswe.or.jp/joining/index.html
ご送金手続き後、入金が確認できるまでには郵便振替(ゆうちょ銀行への送金を含む)で2~10日間、銀行振込で1~3日間かかりますのでご留意ください。
(2)年会参加費および懇親会費
参加費および懇親会費は下記のとおりです。
2015年度(第50回)から,日本水環境学会年会の講演集は電子ファイル(ダウンロード方式)版が標準となり、冊子版をご希望の場合は参加費が増額になります。
2014年度から非会員参加費が増額になっていますのでご留意ください。
また2015年度から,年会自体には参加せず年会参加者に同伴して懇親会に参加する家族の懇親会参加費を設定しています(当日申込のみ)。
  予約申し込み 年会当日申し込み
参加費
(冊子版なし)
正会員(不課税) 6,000円 7,000円
学生会員(不課税) 3,000円 4,000円
非会員 一般(課税、税込み) 19,000円 20,000円
学生(課税、税込み) 8,000円 9,000円
参加費
(冊子版有)
正会員(不課税) 9,000円 10,000円
学生会員(不課税) 6,000円 7,000円
非会員 一般(課税、税込み) 22,000円 23,000円
学生(課税、税込み) 11,000円 12,000円
懇親会費
(課税、税込み)
正 会 員 3,800円 5,000円
学生会員 3,200円 4,000円
非 会 員 一般 5,000円 6,000円
学生 4,000円 5,000円
同伴家族 小学生以下 - 無料
中・高・大学生・一般 - 5,000円
予約申し込みの場合は,申し込みと共に参加費と懇親会費の合計を下記のいずれかの指定口座に送金ください。振込み手数料はご負担ください。
郵便振込用紙等の通信欄に参加申込番号を明記し,銀行振込の場合,振込人名義名は申込時の名義と同じにしてください。
公費等による支払いで送金者名が機関や機関代表者となる場合には,正確にご記入のうえ、別途ご連絡ください。
請求書が必要な場合は申込時の連絡事項欄にその旨及び宛先,送付先をご記入ください。

現金書留も受け付けておりますが,その場合は下記の学会事務局の年会担当に,予約申し込み後に送信される「参加申し込み受付完了」のページを印刷し,同封してお送りください。書留・郵送料はご負担ください。
2018年2月28日(水)までにご送金を確認できない場合は,キャンセル扱いとさせていただきます。ご送金手続き後、入金が確認できるまでには郵便振替(ゆうちょ銀行への送金を含む)で2~10日間、銀行振込で1~3日間かかりますので余裕をもってご送金ください。
銀行口座
三菱東京UFJ 銀行 市ヶ谷支店 普通預金
口座番号:4948527
名義:公益社団法人日本水環境学会年会口
名義カナ: シヤ)ニホンミズカンキヨウガツカイネンカイグチ
振替口座(ゆうちょ銀行)
口座番号:00180-5-564127
加入者名:公益社団法人日本水環境学会
(3)講演集の電子化について
2015年度(第50回)から,日本水環境学会年会の講演集は電子ファイル(ダウンロード方式)版が標準になり,予約参加登録済みの方には講演集ダウンロードのためのIDとPWをE-mailにてお知らせします。
講演集の公開日(発行日)は年会開催日の1週間前を予定しています。当日参加申込の方には,当日登録時にIDとPWをお知らせします。年会会場での印刷サービスはありません。
ただし,プログラム等については冊子版を用意します。
また,追加料金での冊子版講演集のご提供も予定していますが,印刷数には限りがありますので,確実な入手をご希望の方は予約参加登録をお願いします。
(4)参加証/講演集引換券の送付
ご入金の確認についてはE-mailにてお知らせします。また,そのE-mailが参加証/講演集引換券となりますので,それを印刷してご持参ください。なお,複数名で一括申し込みされた場合は,お手数ですが参加者は各自1枚ずつ印刷したものをご持参願います。
(5)懇親会について
懇親会の開催概要は以下の通りです。皆様奮ってご参加ください。なお、懇親会会場の収容人数に限りがありますので、予約参加申込をお勧めします。予約参加者数によっては,当日参加をお受けできない場合があります。何卒ご了承ください。
日時 2018年3月16日(金)18:30~20:00(予定)
会場 キリンビール園 本館 中島公園店
    (札幌市中央区南10条西1丁目1−60、地下鉄南北線中島公園駅1番出口徒歩2分)
    http://www.kirinbeer-en.co.jp/
(6)宿泊、食事などについて
宿泊の斡旋は行っておりません。札幌市内は慢性的に混みあう恐れがありますので,早めの手配をお願いします。
昼食につきましては,開催期間中の全日程において大学内の食堂、売店等の利用が可能です。
(7)保育室の設置
会場内には保育室(無料、対象は6か月児~小学校3年生)を併設します。
お問い合わせ・お申込みはtakuji@jswe.or.jp(メール送付の際には@を半角としてください)までお願いします。
3.特別講演会のご案内
講師として横井成尚氏(サッポロビール株式会社 取締役 執行役員),西川浩一氏(ニッカウヰスキー北海道工場長)の講演を予定しています。
期 日 2018年3月16日(金)15:00~16:15
会 場 北海道大学工学部(年会会場)
参加費 無料(日本水環境学会年会の参加登録がない場合でも参加可能です。)
4. 各種セミナーなど
下記の2つの学会主催ランチョンセミナーが開催されます。
1) 学生ならびに会員向けランチョンセミナー「水環境分野で働く女性たち」(男女共同参画委員会、北海道支部協賛)
年会参加の学生ならびに若手会員(女性に限定しませんが,希望者多数の場合は女性を優先する場合あり)を対象として, 水環境にかかわる各種機関で働く女性たちを囲んで懇談するランチョンセミナーを開催します。昼食をとりながら,仕事内容や現場での体験など, 様々な分野の女性技術者・研究者から提供いただいた話題を元に,交流を深めていただく企画です。 若手会員の皆さまにキャリア支援の一助としてご活用いただきたく,多くの皆さまのご参加をお待ちしております。
日 時 2018年3月15日(木) 12:20〜13:30(予定)
会 場 年会会場(部屋は未定)
定 員 40名(事前申込制,予定)
参加費 無料(お弁当,飲み物付き)
申込方法
男女共同参画委員会 jswe-eg@jswe.or.jp(メール送付の際には@を半角としてください)に氏名、所属、年齢(学生の方は学年)を記載の上ご連絡ください。
2) 学生向けランチョンセミナー「ビジネスガイダンス」(産官学協力委員会)
日本水環境学会年会に参加する学生を対象に,水環境にかかわる民間企業の仕事の内容・仕事の楽しさ等を, 実際に日々働いている方々数名より紹介するランチョンセミナーを開催いたします。 「水環境ビジネスガイダンス~水環境の仕事に携わりたい学生の皆さんへ~」をテーマとして, 個別企業の宣伝ではなく,水環境に関連する業界(プラントエンジニアリング,コンサルティング,ゼネコン,化学品,装置・分析等) ごとの一般ガイダンスとして紹介し,学生が水環境関連の仕事に興味を持つきっかけとしてもらうことを目的としております。 昼食を食べながら水環境分野で働く企業人と交流を深めていただき,自由闊達な質疑応答ができればと考えております。 多くの学生のご参加をお待ちしております。
日 時 2018年3月16日(金) 12:20~13:30(予定)
会 場 年会会場(部屋は未定)
定 員 100名(先着順、予定)
参加費 無料(お弁当,飲み物付き)
申込方法 年会受付にて3月15日(木)より申し込みを受け付けます。受付時にチケットをお渡しします。
5.発表される方へ
発表方法等の詳細は第52回日本水環境学会年会発表をご覧ください。
6. 見学会
特別講演の内容と関連した場所を見学していただきます。
コース1 サッポロビール北海道工場(北海道恵庭市戸磯542-1)
コース2 ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所(北海道余市郡余市町黒川町7-6)
日 時 学会期間中の3日間全日の午後
交通手段 JR
お問い合わせ・申し込み E-mail:excursion@jswe.or.jp
7.団体会員説明会~水環境分野への就職を希望する学生の皆様へ~
団体会員(企業,公益団体)の新卒採用計画および技術・商品,研究活動等について, 学生の皆さんと対象団体が個別に直接コミュニケーションを図っていただける説明の場を設けました。 是非奮ってご参加ください。
8.併催行事
水質計測・水処理技術展2018
各種計測・分析装置ならびに水処理技術を一堂に集め,関係分野の大学研究者,行政担当者, 企業の研究開発担当者のみなさまに広く最新情報を提供し,水環境の保全と改善に役立てようという企画です。 多くの方のご参加をお待ちしております。
日 時 15日(木)9:00~17:00および16日(金)9:00~16:00
会 場 北海道大学工学部
全国環境研協議会研究集会
日 時 17日(土)9:00~12:00
場 所 年会会場(北海道大学工学部)
参加費 無料(日本水環境学会年会の参加登録がない,また,事前の参加申し込みがない場合でも,参加は可能です。)
Japan-YWPワークショップ「テクノロジーマッピング—水処理技術の向かう先は—」
水環境分野でこれまでに取り組んできた問題と、その問題を解決した技術を振り返った上で、30年先に向けて、今後起こりうる問題と求められる技術について議論する機会を設けます。
日 時 14日(水)14:00~18:00
会 場 年会会場(北海道大学工学部)
参加費 無料(原則,事前申し込みをお願いします。当日参加も可能です。)
申込・問い合わせ先 
Japan-YWP 共同代表 山村 寛(中央大学)
E-mail:yamamura.10x@g.chuo-u.ac.jp(@は半角に変更)
Japan-YWPセミナー「発明が社会実装されるまで」
研究成果が実際に社会実装された事例について、当事者から経緯や実現できた要因について紹介していただき、研究成果を社会で利用するために必要なことについて理解を深めようという企画です。
日 時 15 日(木)18:15 ~
会 場 年会会場(北海道大学工学部)
参加費 無料(申込不要。当日,会場までお越しください)
申込・問い合わせ先 
Japan-YWP運営委員 栗田宗大(電力中央研究所)
E-mail: tokikuri@criepi.denken.or.jp(@は半角に変更)
※終了後,懇親会を予定しています。詳細はお問い合わせください。
9.年会参加証明書の発行について
継続技術者教育(CPD)の観点から,要望に基づき年会参加証明書を発行します。
年会参加証明書の発行を希望される方は開始時と終了時に受付においてその旨を申し出てください。
10.問い合わせ先
(公社)日本水環境学会 第52回年会係
〒135-0006 東京都江東区常盤2-9-7 グリーンプラザ深川常盤201号
Tel:03-3632-5351
E-mail:nenkai@jswe.or.jp(メール送付の際には@を半角としてください)
TOP