公益社団法人 日本水環境学会

水環境学会誌

最新の原著論文編(クリックして御覧ください)
水環境学会誌2018年9月号

[研究論文]
琵琶湖北湖における植物プランクトン群集の季節変化とその長期変動:PEG モデルとの比較
池田 将平1),一瀬  諭1),古田 世子1),占部城太郎2)
1 )滋賀県琵琶湖環境科学研究センター
2 )東北大学大学院生命科学研究科
[技術論文]
汽水性二枚貝ヤマトシジミの炭素収支に基づく成長力評価手法の確立
増子沙也香1),鈴木 準平2),藤田 昌史3)
1 )茨城大学大学院理工学研究科博士前期課程都市システム工学専攻
2 )電力中央研究所環境科学研究所水域環境領域
3 )茨城大学大学院理工学研究科都市システム工学領域
[技術論文]
複数の界面活性剤の掃流係数キャリブレーションによる産総研-水系暴露解析モデル(AIST-SHANEL)の推定精度向上
西岡  亨1),本田 大士1),舞原 文女1),佐々 友章1),本多 泰揮1),石川百合子2),森田  修1),山根 雅之1)
1 )花王株式会社安全性科学研究所
2 )国立研究開発法人産業技術総合研究所安全科学研究部門
[調査論文]
甲府盆地における降水中の硝酸性窒素の降下量変動に及ぼす地形ならびに微気象の影響
米山 由紀1),馬籠  純1),風間ふたば1)
1 )山梨大学大学院総合研究部
[調査論文]
柱状堆積物中の各種指標元素濃度に基づく中海の富栄養化の歴史トレンド解析
楠  賢司1),坂田 昌弘2)
1 )静岡大学技術部
2 )静岡県立大学食品栄養科学部

■今月号の特集企画記事
水環境学会誌2018年9月号

<巻頭言>
健全な水環境の保全・創出に資する生物応答試験法の特徴と今後…藤江 幸一
[特 集]
化学物質の生態リスク評価と水環境管理の現状と今後
国内外の生態リスク評価の最新動向と今後…鑪迫 典久
化審法の生態リスク評価の現状と今後への課題…菅谷 芳雄
農薬取締法に基づく生態リスク評価にまつわる最新の動向…永井 孝志
ヒト用医薬品の生態リスク評価・管理の現状と今後…西村 哲治
生物応答試験を用いた水環境の評価・管理手法の現状と今後…山本 裕史
排水等の毒性削減・毒性同定手法と下水道への適用の試み…澤井  淳,高梨 啓和
TOP