公益社団法人 日本水環境学会

入会のご案内

■入会の特典

1.水環境に関わる全国の研究者、技術者、行政官とのネットワーク
本学会では、約2,500の会員(学生会員を含む)が登録されており、その構成は教育機関、民間企業、行政機関、試験研究機関など様々です。本学会に入会されることにより、本学会の各種イベント、支部や研究委員会の活動を通じて、立場や研究分野が異なる様々な研究者・技術者・行政官との交流が図れ、情報交換、協働の機会が得られます。学生の方にとっては、他大学の学生会員と交流する貴重な機会にもなります。
本学会の会員構成
2.研究成果の発信
会員は、機関誌「水環境学会誌」への投稿を行うことができます。また、年会、シンポジウムにおいて登壇し、研究成果を発表することができます。このように、情報発信、情報交換の場を広げることができます。
3.機関誌「水環境学会誌」の受領
会員には機関誌「水環境学会誌」が毎月配布注1)注2)注3)されます。水環境学会誌には、旬の特集企画などが掲載されており、最新情報へのアクセスができます。
注1)団体正会員には毎月3冊配布されます。
注2)特別正会員には配布されません。
注3)学生会員は希望者のみに頒布です(入会時に希望し、学会誌代3,600円を入金した場合に限り、入金確認月以降の学会誌を配布)。バックナンバーの送付はありません。
4.イベントへの割引参加
年会シンポジウムセミナー、講習会に割引参加することができます。また、これらイベントの出席者、講師との交流を図る懇親会へも割引参加できます。
5.その他の特別な特典
5-1.
団体正会員
(1)機関紙「水環境学会誌」での紹介記事の無料掲載と広告の割引掲載(20%引き)
(2)年会シンポジウムでの割引展示、講演集への広告の割引掲載(20%引き)
(3)産官学協力委員会企画の見学会・水環境懇話会への参加
(4)技術講演会の講師の紹介
5-2.
特別正会員
(1)水環境学会主催の研究集会等(年会、シンポジウム)への参加費が無料 注1)になります。
注1)無料となる研究集会の詳細については本会までお問い合わせください。
5-3.
学生会員
(1)年会での学生ポスター発表賞(ライオン賞)への応募(大学学部生、短大生、高専生)
(2)年会での学生優秀発表賞(クリタ賞)への応募(博士前期課程生(修士課程生)
(3)シンポジウムでの博士研究奨励賞(オルガノ賞)への応募(博士後期課程生(博士課程生)
(4)支部の表彰活動への応募
(5)年会などの開催中に行われる水環境ビジネスガイダンスに参加することができます。

■会員種別と会費

1.会員種別
個人正会員:水環境関連分野に従事又は関心を持つ個人
団体正会員:水環境関連分野に従事又は関心を持つ団体
特別正会員:水環境関連分野に従事又は関心を持ち,本会に功労のあった個人注1)
学生会員:水環境関連分野に従事又は関心を持つ学生又はこれに準ずる者
注1)特別正会員の資格要件は、次の(1)〜(2)の両方に該当することです。
 (1)申請年度の4月1日時点において団体会員時を含み継続的に10年以上正会員である者
 (2)満65歳以上の者
特別正会員の制限(特典につきましては、入会の特典5-2をご参照下さい。)
 (1)学会誌は配布されません。
 (2)理事及び監事の被選挙権はありません。
2.会費
会員種別 年額
個人正会員 12,500円
団体正会員(公益) 一口 77,900円
団体正会員 一口 155,900円
特別正会員 5,200円
学生会員 注1) 5,200円
国際連携会員 注2) 無料
注1)会費年額のうち1/2を法人管理費に使用致します。
注2) 次の3.をご覧下さい。
3.国際連携会員制度
 本会の国際ネットワークの一環として定める資格であり、本学会を構成する会員とは異なります。 海外在住の外国の方のみ申し込むことが可能です。国際連携会員につきましては、 こちらをご覧ください。 なお、国際連携会員の申込には5年以上の会員歴を持つ正会員2名による推薦書(推薦者の氏名、所属、会員番号、電子メールアドレスが記載、書式任意)が必要です。

■入会手続き

ホームページよりお申し込みください。学生会員の入会申込みについては、こちらをご覧下さい。特別正会員の場合は、氏名,会員番号,住所,生年月日および略歴を自由書式で学会宛てに提出して下さい。

■プライバシーポリシー

プライバシーポリシーPDFPDF [100KB]
TOP