公益社団法人 日本水環境学会
事務局からのご案内
 

■会員専用ページをご利用ください

住所や所属先などの変更は会員専用ページからの手続きが可能です。各種のご連絡のため、e-mailアドレスをご登録くださるようお願いいたします。
また、個人会員、学生会員の、年会やシンポジウムの発表や参加の申し込みは、会員専用ページからのみの受付となります。
会員専用ページ

 

■会告・ホームページ原稿募集について

水環境保全や水質汚濁防止に関連する会議,講演会等の行事,または,人材募集や助成金等の案内について掲載を希望の方は,下記のリンクより原稿フォーマットをダウンロードし,原稿を作成の上,依頼者情報(氏名,所属,連絡先)と掲載希望号を明記の上,E-mail添付で当学会事務局までお送り下さい。

なお、掲載原稿の作成方法については必ずこちらの内容を確認ください。書式が異なる原稿は掲載できません。また、原稿締切日 は,掲載予定月の前月10日です。ホームページ掲載については原稿締切はございませんが、掲載時期についてはHP更新の都合によります。誌面の都合で掲載できない場合も有りますのでご了承下さい。

原稿フォーマット
1.本学会関連行事 2.他学会関連行事 3.お知らせ(求人公募)  4.お知らせ(助成金の募集) 5.お知らせ(賞候補者推薦の募集)

原稿送付先(問い合わせ先)
(公社)日本水環境学会 会告担当
E-mail:kaikoku@jswe.or.jp(メール送付の際には@を半角としてください) TOP

 

■Journal of Water Supply : Research and Technology - AQUA誌の投稿について

IWA発行AQUA誌に投稿される方は、IWA Publishing社のウェブサイト
http://www.editorialmanager.com/jwsrtaqua/から電子投稿ください。投稿方法などにご不明の点があります場合、直接ウェブサイトからお問い合わせくださいますよう、お願い申し上げます。 TOP

 

■Water Research誌の投稿について

Water Research誌は、出版元のElsevier社が有する電子査読システムを用いて迅速かつ広範な査読者による統一的な査読システムに移行いたしました。
投稿される方はElsevier社のウェブサイトhttp://ees.elsevier.com/wr/から電子投稿してください。投稿方法などに不明の点があります場合,当学会としては内容がわかりかねますので,直接ウェブサイトからお問い合わせくださいますよう,お願い申し上げます。 TOP

 

■会員登録データ変更の届出について

住所,所属変更等,当学会に登録されているデータに変更のあった場合は,会員専用ページより変更手続きをお願いします。 もしくはe-mail:member@jswe.or.jp(送信の際は@を半角にしてください)でのご連絡をお願いいたします。 電話でのご連絡は受け付けておりません。なお,会員は会計年度毎(4月1日~3月31日)の扱いで,前年度中に退会のご連絡がない場合は継続となりますのでご注意下さい。
退会希望の方は,必ず会員専用ページより変更手続き(会員情報変更ページの一番下)をお願いします。 やむを得ない場合はe-mail:member@jswe.or.jp(送信の際は@を半角にしてください)へのご連絡をお願いいたします。 年度途中で退会手続きを行った場合はその年度の3月31日付で退会となります。TOP

 

■水環境学会誌における特集企画の公募

「水環境学会誌」 特集企画編集部会は,会員のニーズに合った最新の話題を提供するため,同誌に掲載する特集の企画を行って参りました。この度,特集企画に全ての会員が参加できる環境を整えることを目的として,会員が企画案を特集企画編集部会へ直接提案できるシステムを作りましたのでご案内いたします。提案される際には,下記の要領にしたがって下さい。なお,企画案が採用された場合には,提案された会員は,同案が審議される特集企画編集部会へ臨時委員として出席していただく場合があります。


1. 提案者の資格:日本水環境学会会員(個人,法人,学生,委員会,支部)。
2. 企画案の内容:企画のテーマと主旨,執筆候補者名,執筆タイトルおよび概要。全体の構成は,過去の水環境学会誌を参考にしてください。
3. 企画案の書式:書式は自由。通常,特集は巻頭言1頁,1席4-5頁×4-5席で構成されます。
4. 提出方法&提出先:E-mail(kikaku@jswe.or.jp)(メール送付の際には@を半角としてください)
5. 提案者の連絡先(氏名,所属,〒住所,電話,FAX,E-mail)を明記して下さい。 TOP

 

■水環境健全性指標について

当学会では環境省からの請負業務により水環境を総合的に評価するための水環境健全性指標を検討してきました。
環境省における「水環境健全性指標の開発」の経緯と本学会の参画の概要、及び発展的研究成果については こちらをご覧ください。

 

■水環境学会誌の原著論文はJ-STAGEで公開されています

本学会員の研究成果を広く社会に還元することを目的として、水環境学会誌に掲載された原著論文を、科学技術振興機構(JST)が運営するJ-STAGE上で公開しております(特集企画記事は公開されません)。公開された論文は非会員であっても自由に閲覧、ダウンロードできます。またJ-STAGE上の検索機能等により過去の水環境学会誌掲載論文の検索が容易になり、英文要旨も公開されていることから海外からの検索にも対応いたします。

・J-STAGEホームページ
http://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/
・水環境学会誌ホームページ(J-STAGE内)
http://www.jstage.jst.go.jp/browse/jswe/-char/ja/

皆様のご利用をお待ちしております。
〔日本水環境学会編集委員会〕

TOP