公益社団法人 日本水環境学会

年会

年会 参加申し込み・発表申し込み・申込内容確認・発表要旨投稿

第56回日本水環境学会年会(2021年度)

第56回年会は、下記の場所、日程での開催を予定しています。
開催場所
オンライン開催(富山大学)
開催期日
2022年3月16日(水)~18日(金)
発表申込案内
発表申込済みの方へ案内
参加案内
Time Table
プログラム
オンライン参加の手引き (2022年2月掲載予定)
行事
特別講演会「持続可能性社会を目指した水環境研究」
学生向けセミナー「水環境ビジネスガイダンス」
会員企業・研究機関等就職説明会~水環境分野への就職を希望する学生の皆様へ~
併催行事
Japan-YWPセミナー
全国環境研協議会研究集会
オンラインセミナー

年会について

水環境分野の幅広い研究の発展と会員相互の情報交換を促進するため、本学会では毎年の春に日本水環境学会年会を開催しています。年会には毎年1400人前後が参加し、600件以上の研究発表が行われ、活発な議論が行われています。また、年会に参加する会員の割合は約40%に達しており、研究の発展と情報交換の場である年会が果たす役割は大きくなっています。
年会では、研究発表の他に、各種表彰式や水環境ビジネスガイダンス、会員企業・研究機関等就職説明会など様々なプログラムが企画されています。

  • 水環境ビジネスガイダンス:民間企業の若手技術者が水環境に関わる仕事の魅力などを学生に紹介しています。
  • 会員企業・研究機関等就職説明会:水環境分野への就職を希望する学生を対象とした合同説明会です。年会の参加・不参加に関わらず、学生であればどなたでも無料で参加でき、本会の会員企業・研究機関等と個別に直接コミュニケーションを図っていただける場として、年会期間中に開催します。
  • 水環境文化賞:地域に根ざした水環境の文化的活動を奨励するために、年会において表彰しています。
  • みじん子賞:地域の水環境保全・創出に貢献した小・中・高校生の団体を広く表彰しています。
  • 年会優秀発表賞(クリタ賞):研究意欲の増進を目指し、博士前期課程(修士課程)の大学院生が行う研究成果発表に対して表彰を行います。
  • 年会ポスター発表賞(ライオン賞):研究意欲の増進を目指し、学部生、高専生、短大生が行う優秀なポスター発表に対して表彰を行います。
  • Water Environment International Exchange Award (JSWE-IDEA賞):水環境分野の国際交流、国際協力の促進を目的とし、年会にて研究発表を行う海外在住の外国人会員に対し、来日費用などを助成します。
  • キャンセルポリシー

原稿提出(執筆要領が改訂されています。
Instruction for Manuscript Preparation has revised)

  • ・執筆要領(Instruction for Manuscript Preparation) 日本語 or English (2021年度改訂)
  • ・執筆例(口頭発表・ポスター発表) Sample(Oral/Poster)   日本語  or English (2021年度改訂)
  • ・講演要旨テンプレート Template 日本語  or English (2021年度改訂)
  • ・口頭発表(プロジェクター使用)要領
     (Guidelines for Oral Presentation Using LCD Projector (MS Power Point))  日本語 or English
  • ・ポスター作成および発表要領(56回(オンライン開催)用)
     (Instructions for Poster Preparation and Presentation (for 56thAC))
  • ポスターファイル作成要領(準備中)
  • 一般ポスター発表用テンプレート(準備中)
  • クリタ賞二次審査発表用テンプレート(準備中)
  • ライオン賞発表用テンプレート(準備中)
  • ポスター発表要領(準備中)
  • Instructions for Poster File Preparation(in preparation)
  • Template for Poster presentation(in preparation)
  • Template for Kurita Award presentation(in preparation)
  • Template for Lion Award presentation(in preparation)
  • Instructions for Poster Presentation(in preparation)
  • 参考
  • ・研究発表分類表(2017年度に中分類が追記・変更されています)  日本語 & English
  • ・年会プログラムの発表者および座長の所属(大学・所属先等)の略称表記  例(2018年更新)

過去の年会

【年会プログラム】

【年会セッション報告】

TOP